歯科医院のインスタグラムでよくある失敗事例3選 【歯科・歯科医院のインスタグラム運用】

「歯科医院のインスタ運用についてよく分からない」
「インスタをなんとなくで運用している」

このようなお悩みはありませんか。

インスタグラムは今やお店や歯科医院でも非常に重要なツールとなっていますが、中にはうまく活用できていない歯科医院も少なくありません。

しかし、インスタグラムもうまく活用すれば、毎月安定して集客できるツールになります。

今回は、多くの歯科医院のインスタグラムを運用代行している弊社が今回は、歯科医院のインスタグラムでよくある失敗事例3選をご紹介します。

①適切なターゲットを設定していない

まとめ

皆さんはインスタグラムの発信を誰に向けて発信するか決めていますか?
恐らく多くの歯科医院が、ここを特に深掘りせずに決めて発信しているかと思われます。

歯科医院の場合、ターゲットは患者さんや潜在的な患者さんとなりますが、ただ、恐らくほとんどの歯科医院で「患者さんを増やしたいからインスタをしている」と思います。

この設定だと誰にも刺さらない投稿になってしまいます。

その発信で届けたい患者さんの悩みはなにか。潜在的な患者さんはどんな悩みを持っているのか。ここまで考えてターゲットを考えることが必要です。

例えば、潜在的な患者さんが持っている悩みとはどんな悩みか考えてみましょう。

・この歯医者行って本当に治るのかな
・最新の治療を受けることができるのかな
・他の歯科医院と比べてなにがいいのかな

など、この様な悩みを持っているということまで想像してターゲット設定することが大事です。

「この歯医者行って本当に治るのかな」という悩みに関しては、治療を受けた患者さんからの感謝の声とかを発信することで悩みを解決することができます。

「最新の治療を受けることができるのかな」という悩みに関しては皆さんの歯科医院で導入している最新の機械の説明や、セミナーで学んできたことの情報を発信することでもこの悩みを解決することができます。

「他の歯科医院と比べてなにがいいのかな」という悩みに関しては、自院の強み、先生の強みを発信することでアピールしていきましょう。

悩みを考えて適切なターゲットを設定することで発信がより具体的な内容になります。

②コンテンツの質にこだわってない

インスタグラムでは、写真や動画を通じて情報を発信しますが、コンテンツの質も非常に重要です。

ピンボケの写真や暗い写真、音声が聞き取りづらい動画などは、ユーザーに不快感や不安感を与えてしまいます。

また、ここでのコンテンツの質というのは写真・動画だけの話ではありません。
皆さんのインスタグラムを開いて、左下の虫眼鏡マークの発見欄を見てみてください。

発見欄に同じ画像でも文字も入った画像もありませんか?

例えば「最新の治療を受けることができるのかな」という悩みを持っている人に対して、
①最新の治療機器の画像だけで伝えている投稿
②画像の中にもその機器の説明の文字を入れている人

どちらの方がより情報が伝わるでしょうか。
もちろん②の投稿の方が情報をしっかり届けることができて、悩みの解決に繋がりやすくなります。

コンテンツの質と画質や動画の質だけでなく、どれだけターゲットの悩みを解決できるのかを意識して投稿を作っていきましょう。

③コミュニケーションが不十分

連絡

インスタグラムはホームページと違って、単なる情報発信ツールではありません。
ホームページの場合は基本受け身の姿勢ですが、インスタグラムはコミュニケーションを大事にしています。

しかし、よく見る歯科医院のインスタの失敗事例でいうと、
・コメントを貰ったのに返信していない
・歯科治療に関するお悩みのDMを貰ったのに返信していない
・タグ付けなどで投稿してもらったのに感謝を伝えていない

など、これらの対応ができていない歯科医院が多いです。
それではインスタグラムを使用しているユーザーからの信頼を得ることはできません。

コミュニケーションを大切にするためには、定期的にコメントやDMへの返信を行うことが大切です。

また、フォローしてくれている人にこちらからストーリーズで「なにかお悩みはありませんか?」と発信するのもおすすめです。

歯科医院をフォローしているということは何かしら歯科治療に興味があったり、お悩みを持っている場合がほとんどです。

そういった方々に質問がしやすい環境を用意してあげましょう。

まとめ:歯科医院のインスタはしっかりやらないと集患できない

今回は歯科医院のインスタグラムでよくある失敗事例3選について解説いたしました。

インスタグラムはなんとなくの運用で集患できるわけではありません。
しっかりと、ターゲットを決めたり、コンテンツの質にこだわったり、コミュニケーションをとっていくことが大切になります。

ぜひ今回紹介した内容を意識して、運用をおこなってみてください。

もしも、「自院のインスタグラムから集患したい」「歯科医院に特化したインスタグラム運用について詳しく知りたい」とお悩みの方は弊社までご相談ください。

弊社Denis techは歯科医院様専門のデジタルマーケティング支援会社です。

これまでに多くの歯科医院様のインスタグラム運用をしてきました。

気になる方はぜひお気軽にご相談ください。

S__221757450

株式会社Denis tech

代表取締役社長 田丸 誠人

法政大学在学中にクリニックを経営している会社にインターン。その後、同会社に入社。歯科業界のマーケティングに課題を感じ「歯科経営者の1番のサポーターでありたい」という思いで株式会社Denis techを設立。クリニックの経営で得たマーケティングのノウハウを元に、多くの歯科医院のマーケティング支援を成功させてきた。現在は上場企業と提携しセミナー登壇活動もしている。

最新記事

お問い合わせ