【歯科・歯科医院のホームページ制作】ホームページで自費治療率をアップさせる3つのテクニック

「自費治療を増やして経営を安定化させたい」
「ホームページで自費治療を訴求したい」

このようなお悩みはありませんか。

自費治療を選択する人が増えると審美性や機能性もいいので患者さんにもメリットがありますが、ただ、自費治療ばかり提案してしまうと患者さんから嫌われてしまうのではないかと思ってしまいますよね。

しかし、経営を安定化させるためにも自費治療率をアップさせるのは多くの歯科医院様の課題だと思います。

今回は、歯科医院様のホームページ制作を専門で行っている弊社が意識している自費治療がアップするホームページで使える3つのテクニックについて解説していきます。

歯科医院のホームページの役割について

歯科医院のホームページは、歯科医院の集患やブランディングにとって非常に重要な役割をしています。

現代では歯医者の数も多くなってきています。患者さんは歯医者を選ぶ際に、ホームページを参考にしてどこにいくかを決めています。

そのため、ホームページは歯医者の顔とも言える存在であり、ホームページ信頼感や魅力を伝えることができます。

逆に歯科医院のホームページが整っていないと、患者さんは信頼感がなくなります。歯医者は専門的な知識や技術を持っているはずですが、ホームページが雑だとそのイメージが損なわれてしまいます。

また、情報が不足していたり、更新されていなかったりすると、最新の治療法や設備に対応できていないと思われるかもしれません。

歯科医院のホームページは、患者さんにとって重要な情報源となっているのです。

過去の記事で歯科医院のホームページ制作で注意することを解説したのでそちらもご覧ください。
【プロが教える】歯医者のホームページ制作で失敗しないために知っておきたいこと

ホームページで自費治療をアップさせる3つのテクニック

歯科医院のホームページの役割について解説しましたが、ここからは具体的に自費治療をアップさせる3つのテクニックについて紹介していきます。

①メリットデメリットを記載して伝える

自費治療のメリットとデメリットを明確に記載して、患者さんに選択肢を提示しましょう。
患者さんもメリットがあることを知らないと自費治療を選択してくれません。ホームページでは自費治療のメリットをしっかり伝えるようにしましょう。

例えば、審美性だけではなく、健康面でのメリットも伝えることも重要です。長期的に見た時に保険治療よりも自費治療の方が健康面でもメリットがあることを伝えて、患者さんが価値を感じてくれれば自費治療を選択してくれるようになります。

また、メリットだけではなく、デメリットについても正直に伝えることが大切です。
デメリットについてもわかりやすく伝えることで信頼感を高めることができます。

これにより、患者さんは自分にとって最適な選択肢を判断することができますし、安心感も高まるのでメリット・デメリットをしっかりと記載するようにしましょう。

②自費治療を求める患者さんに届くようにSEO対策する

SEO

自費治療を希望する患者さんは、インターネットで情報収集することが多いです。そのため、自費治療に関するキーワードで検索されやすいように、ホームページのSEO対策を行うことが重要です。

SEO対策とは、検索エンジンのアルゴリズムに沿って、ホームページの内容や構造を最適化することです。

SEO対策を行うことで、自費治療に興味のある患者さんにホームページが見つかりやすくなります。

例えば、「セラミック+歯医者+(地域名)」で検索の上位表示を取ることができれば、自費治療を受けてくれる人を増やすことができます。

なぜなら、このような検索キーワードはセラミックを検討している人が検索するワードになります。セラミックを検討している人にホームページでアピールできれば、そこから来院する人は高確率でセラミックを選択してくれます。

自費治療を求める患者さんに届くようにSEO対策をしてアピールできるようにしましょう。

過去の記事でSEO対策についても解説したのでそちらもご覧ください。
歯科医院がSEO対策すべき理由とは?SEOで集患させるポイントも解説

③Q&Aなどのお悩み解決コンテンツを用意する

自費治療に関するQ&Aやよくある質問などのお悩み解決コンテンツをホームページに掲載することも効果的です。自費治療に関する疑問や不安を解決することで、患者さんの興味や関心を引き出すことができます。

例えば、「自費治療のおおよその金額について」や「セラミックの種類について」など、患者さんが悩むであろう部分を事前にQ&Aとしてホームページで設置しておくことで、患者さんが自費治療を不安なく頼むことができるようになります。

また、Q&Aの回答によっては歯科医院の専門性や実力もアピールすることができます。
どんなことについて患者さんが悩むだろうか考えて設置するようにしましょう。

Q&Aなどのお悩み解決コンテンツは、SEO対策にも役立ちます。自費治療に関するキーワードを含むコンテンツを作成することで、検索エンジンからの評価を高めることができますので設置するようにしましょう。

まとめ:この投稿を参考にホームページを見直そう

今回はホームページで自費治療率をアップさせる3つのテクニックについて解説いたしました。

歯科医院のホームページは、歯科医院の集患やブランディングにとって重要な役割をしているだけではなく、自費治療を増やすことにも役立ちます。ぜひ、今回紹介したポイントを参考にして、ホームページを見直してみてください。

もしも、「とっても取り組む時間がない」、「戦略的なホームページにしたいけど難しい」とお悩みの方は詳しい会社に相談するのも検討してみてください。

弊社Denis techは歯科医院様専門のデジタルマーケティング支援会社です。

これまでに多くの歯科医院様の集患や自費治療率を改善してきました。
その経験を活かして弊社では歯科医院様専用のホームページ制作も行っています。

気になる方はぜひお気軽にご相談ください。

S__221757450

株式会社Denis tech

代表取締役社長 田丸 誠人

法政大学在学中にクリニックを経営している会社にインターン。その後、同会社に入社。歯科業界のマーケティングに課題を感じ「歯科経営者の1番のサポーターでありたい」という思いで株式会社Denis techを設立。クリニックの経営で得たマーケティングのノウハウを元に、多くの歯科医院のマーケティング支援を成功させてきた。現在は上場企業と提携しセミナー登壇活動もしている。

最新記事

お問い合わせ