集客ができている歯科医院が取り入れているリコール率アップの施策とは 【歯科・歯科医院のホームページ制作】

・導入

株式会社Denis techの田丸です。
本日は、集客ができている歯科医院が取り入れているリコール率アップの施策とはについてお話しします。

「リコール率を上げることは大切と分かっているけど、なかなか成果に繋がらない」
そんな先生方のお悩みを多く聞きます。

実際にリコール率アップに向けて対策している内容を聞いてみると、口頭で伝えるのみの歯科医院も多いです。

もちろん、口頭で案内するのはとっても大事ですが、それだけでは中々リコール率アップに繋がりません。

日本歯科医師会が2022年に調べ内容によりますと、「健康のためにできるだけ自分の歯を残したい」と考えている方は90%を超えているのに、「歯科医療機関で定期チェックを受けているか」という質問に対しては、「受けている」と回答した人は47.4%しかいませんでした。

この意識と行動のギャップを考えて対策することでリコール率アップに繋がります。

そこで、多くの歯科医院の集客改善に携わっている私がリコール率アップに効果的な施策を3つ紹介するので必ずチェックしてください。

参考:歯科医療に関する生活者意識調

・本題

①患者様に情報を伝える仕組みを構築している

1つ目が患者様に情報を伝える仕組みを構築していることです。
皆さんは患者様に定期検診を促す際にどのように情報を伝えていますか?

ハガキや口頭のみで伝えているという歯科医院様も多いのではないでしょうか。

ハガキや口頭で伝えるのも効果的ですが、今の時代ではそれ以外にも情報を伝える手段はたくさんあります。

  • メール
  • LINE
  • ホームページ
  • SNS など

多ければ多いほど、患者様の目に止まる可能性が高くなります。

特に効果的なのが、LINEやインスタグラムなどのSNSになります。
これらのツールは普段から利用している人が多く、患者様にしっかりと情報が伝わる可能性が高いからです。

「ハガキを家に送るのも相手に届いているからいいのでは?」

と思う方もいるかもしれませんが、ハガキが読まれているかまでは知ることができません。
送ったけど読まれなければ情報が届いていないのと同じになってしまいます。

その点、LINEでは情報を発信したら開封したかどうかも分かるので情報がしっかりと伝わったかを知ることができます。

見てもらえないことや忘れられることを避ける為にも、なるべく多くの情報を伝える仕組みを構築しておきましょう。

②情報発信を積極的に行っている

2つ目は情報発信についてです。
1つ目に紹介した情報を伝える仕組みを構築したら、その仕組みを使って積極的に情報を発信するようにしましょう。

例えば、ハガキだけでなくメールやLINEを使って患者様に定期検診の重要性を発信したり、定期検診の時期について発信することで患者様が行動に移してくれる可能性も高くなります。

その他にも、ホームページでコラム記事を書いてSEOで検索結果の上位表示を狙うことで、「地域名+歯医者」の検索で訪れた人に定期検診を促すことで、新規顧客の獲得も合わせて狙えます。

また、SNSも同様です。定期検診を促す情報発信をすることでキーワードで検索した人に表示されることで新規顧客の獲得も狙えます。

「でもそんな情報発信する時間なんてない」
と思う方もいると思います。

しかし、そこまで作業量を増やすことなくこれらの情報発信は可能です。

  • ハガキの内容をメールやLINEに置き換える
  • LINEの友だち追加後、自動でメッセージを送る設定をしておく
  • HPのコラム記事を小分けにしてインスタに投稿

情報の再利用と、LINEを使えば自動化できる部分も多いです。

スタッフの負担を減らしつつ、なるべく多くの情報発信をして集客する為にも情報の再利用と自動化をぜひ活用してみてください。

③予約の手間を無くす

最後の3つ目の施策は予約の手間を無くすことです。
最初に説明した内容を皆さん覚えていますか?

自分の歯を残したいと考えている方は90%を超えているのに、定期チェックを受けている人は半数以下ということです。

歯を大切にしたいと思っているのに定期チェックを受けないのは行動のハードルがあるからです。
その最初のハードルである「予約」の手間を無くすのが非常に大切です。

実際に患者様が思っているであろう心理を考えると、

「定期検診受けたいけど、予約の電話が面倒だな」
「定期検診の案内来たけど、今の時間電話繋がらないからまた今度しよう」

こんな感じで予約の電話を面倒だと思う方や、オンライン予約があることを伝えても

「オンラインで予約できますと書いてあるけど、入力が面倒だな」
と思う人もいます。

この予約までのハードルをなるべく低くするために、

  • メール、LINEでの定期検診の案内にオンラインの予約フォームもつけて送る
  • LINE上で簡単に予約できる機能を導入する

これらの工夫を取り入れてなるべく手間なく、予約できるようにしましょう。

・まとめ

ではリコール率アップの施策についておさらいします。

①患者様に情報を伝える仕組みを構築している
・メール
・LINE
・ホームページ
・SNS
これらで情報を伝える仕組みを構築する

②情報発信を積極的に行っている
・ハガキの内容をメールやLINEでも発信する
・LINEで自動でメッセージを送る設定を活用する
・ホームページのコラム記事を小分けにしてSNSの投稿に使う

③予約の手間を無くす
・メール、LINEでの定期検診の案内にオンラインの予約フォームもつけて送る
・LINE上で簡単に予約できる機能を導入する

今回紹介したリコール率アップの施策を取り入れて、集客していきましょう!

WEBからもっと集客したいけど、誰に相談していいか分からない。そんな方のために、無料個別相談会も行っております。

無理な営業提案はしませんので、お問い合わせからぜひお気軽にご連絡ください!

サービス紹介ページはこちら

S__221757450

株式会社Denis tech

代表取締役社長 田丸 誠人

法政大学在学中にクリニックを経営している会社にインターン。その後、同会社に入社。歯科業界のマーケティングに課題を感じ「歯科経営者の1番のサポーターでありたい」という思いで株式会社Denis techを設立。クリニックの経営で得たマーケティングのノウハウを元に、多くの歯科医院のマーケティング支援を成功させてきた。現在は上場企業と提携しセミナー登壇活動もしている。

最新記事

お問い合わせ