歯科経営者必見!オフライン集患はもう古い?オンライン集患のメリットと具体的な方法とは? 【歯科・歯科医院のホームページ制作】

本日は、歯科経営者必見!オフライン集患はもう古い?オンライン集患の3つのメリットとはというテーマでお話しします。

皆さんはオンラインで集患する施策をなにか打っていますか?

「オフラインの施策ばかり打っていて、オンラインは取り組めていない」
こういう歯科医院様も多いのではないでしょうか。

それは実は損してしまっています。

しっかりとインターネットを活用したオンラインの集患対策を行えば、オフラインで行うよりも効果が高いです。

そこで今回は、多くの歯科医院様のオンラインからの集患に取り組んできた私が、オンライン集患の3つのメリットをお伝えするので必ずチェックしてください。

オフライン集患の問題点

オフライン集患とは、インターネットやSNSなどのオンライン媒体を使わずに、チラシやポスター、雑誌広告などの紙媒体や、テレビやラジオなどの放送媒体で患者さんを集めることですが、オフライン集患の問題点は、以下のように挙げられます。

1.広告費が高い
1つ目が広告費が高いことです。オフライン媒体は、オンライン媒体に比べて制作費や掲載費が高いことが多く、広告効果の測定も難しいため、コストパフォーマンスが低いです。

2.広告を見る対象が限定される
2つ目が広告対象が限定されることです。例えば、チラシであれば配布エリアや配布方法によって届く人が限定されてしまいます。

3.広告効果が持続しない
3つ目が広告効果が持続しないことです。オフライン媒体は、一度見たら忘れられる、またはチラシであれば捨てられる可能性が高く、広告効果が持続しません。

以上のように、オフライン集患には多くの問題点があります。

そのため、近年では、オンライン集患に注力する歯科医院様が増えています。
実際に私も多くの歯科医院様の集患改善に携わっていますが、オンライン集患に取り組んでいる歯科医院様ほど、効果が出ています。

歯科医院がオンライン集患に取り組むメリット

ここからはオンラインで集患するメリットについて解説します。
オンライン集患ではウェブサイトやブログ、SNSなどのオンライン媒体を活用して、患者様を集めていきますが、オンライン集患のメリットは、以下のように挙げられます。

1.広告費が安い
オンライン媒体は、オフライン媒体に比べて掲載費が安く、広告効果の測定も可能です。
また、SEOやSNSマーケティングなどの手法を用いれば、無料で集患することも可能です。

2.広告対象が広範囲
オンライン媒体は、オフラインとは違い、地域や時間帯などに関係なく、誰でも自院をアピールできます。

3.広告効果が持続する
先程もお話したようにチラシであれば一度見られたら捨てられることが多いですが、SNSでの自院のアピールであれば、捨てられることなく、オンラインで残り続けます。その発信を他の人が見て来院につながることもあります。

このように、オンライン集患には多くのメリットがあります。

しかし、オンライン集患にも注意点があります。
それは、オンライン集患について正しい知識がないと効果が出ないことです。

歯科治療も専門的な知識がないと治療できないように、オンライン集患も正しい知識がないとオンライン集患を成功させることはできないのです。

オンライン集患の具体的な方法

ではここからは、歯科医院様で取り組んで欲しいオンライン集患の具体的な方法について、紹介します。

1.ホームページのSEO対策

SEO

SEO対策とは、検索エンジンで上位に表示されるようにホームページを最適化することです。SEO対策を行うことで、潜在的な患者さんに自分のクリニックやサービスを知ってもらうことができます。

実際に「(地域名)+歯医者」で上位表示される歯科医院では自院のホームページを多くの人に見てもらえるだけではなく、来院される方にアンケートをすると「ホームページを見てきました」という方も多くなります。

SEO対策には、キーワード選定、コンテンツ作成、内部リンク、外部リンクなどがあります。これらの要素を適切に設定することで、ホームページの評価を高めることができます。

まずは「(地域名)+歯医者」で上位表示されるように関連するコンテンツ作成をして更新していきましょう。

2.SNSを活用した集患

SNSを活用した集患では、自分のクリニックやサービスに関する情報を発信したり、患者様やフォロワーとコミュニケーションを取ったりすることができます。

SNSを利用することで、信頼感や親近感を高めることができます。また、口コミやシェアなどによって、自分のクリニックやサービスの認知度を広げることができます。

とくにおすすめなのが、インスタグラムを活用した集患です。
インスタグラムでは自院の雰囲気を伝えるだけでなく、アクションを促すような投稿も可能です。さらに、ハッシュタグ検索や地図検索機能も効果的です。

特に地図検索では新しい店舗やクリニックなどの出会いを探しているユーザーが多いので、この機能を活用してインスタグラムで集患していきましょう。

3.オンライン予約システムの導入

連絡

オンライン予約システムとは、インターネット上で予約やキャンセルができるシステムのことです。オンライン予約システムを導入することで、患者様の利便性を高めることができます。

また、オンライン予約システムを導入すれば、電話やメールでの予約管理に比べて、効率的に予約状況を把握したり、空き時間を埋めたりすることができます。

このオンライン予約システムで特におすすめしたいのが、LINEを使用した予約システムです。

LINE予約では患者様が、いつでも気軽にチャットできて、予約につなげることができるため、予約数を上げることができます。

特に若い方達はLINEで、簡単に受付をできる医院を探しているのでおすすめです。

まとめ

では今回の内容をおさらいします。

オフライン集患の問題点
1.広告費が高い
2.広告を見る対象が限定される
3.広告効果が持続しない

歯科医院がオンライン集患に取り組むメリット
1.広告費が安い
2.広告対象が広範囲
3.広告効果が持続する

オンライン集患の具体的な方法
1.ホームページのSEO対策
2.SNSを活用した集患
3.オンライン予約システムの導入

以上がオンライン集患のメリットと具体的な方法になります。
オフライン集患が悪いわけではないですが、オンラインも取り組むメリットがあります。
今回紹介したことを意識してオンライン集患を取り組んでいきましょう!

「WEBからもっと集客したいけど、誰に相談していいか分からない。」
「歯科医院のSNS活用について詳しく知りたい」

と悩んでいるそんな方のために、無料個別相談会も行っております。

無理な営業提案はしませんので、まずは下記のお問い合わせからすぐに日程を調整できるのでぜひお気軽にご連絡ください!

S__221757450

株式会社Denis tech

代表取締役社長 田丸 誠人

法政大学在学中にクリニックを経営している会社にインターン。その後、同会社に入社。歯科業界のマーケティングに課題を感じ「歯科経営者の1番のサポーターでありたい」という思いで株式会社Denis techを設立。クリニックの経営で得たマーケティングのノウハウを元に、多くの歯科医院のマーケティング支援を成功させてきた。現在は上場企業と提携しセミナー登壇活動もしている。

最新記事

お問い合わせ