歯科医院のLINE公式アカウント活用術!リコール率が増加する3つのコツ 【歯科・歯科医院のLINE公式アカウント】

歯科医院のLINE公式アカウント活用術!リコール率が増加する3つのコツ

「リコール率をアップさせたい」
「歯科医院の経営を安定化させたい」

このようなお悩みはありませんか。

これまでホームページやMEOなど試したけどリコール率アップに繋がらなかったという経験もあるのではないでしょうか。

歯科医院の経営を安定化させるためにもリコール率をアップさせたいと悩む歯科医院も多いかと思います。

歯科医院だけでなく、患者さんにとっても定期検診で予防をしてくれるようになれば歯の健康も守ることができます。

今回は、多くの歯科医院のリコール率を改善してきた弊社がLINE公式アカウントを活用したリコール率が増加する3つのコツについて解説していきます。

LINE公式アカウントでリコール率が増加する3つのコツ

連絡

LINE公式アカウントとは、LINEで歯科医院と患者さんをつなぐサービスです。
歯科医院では、患者さんとのコミュニケーションツールとして、利用できますが、ただLINE公式アカウントを持っているだけでは、リコール率は上がりません。

今回紹介する3つのコツを是非参考にしてみてください。

①定期的に情報発信をする

皆さんはホームページや歯科医院内だけで定期検診の重要性について発信していませんか。

おすすめしたいのが、LINE公式アカウントでの定期的な情報発信になります。

LINEは日常の連絡手段で使うツールです。
ホームページなどで情報発信してもなかなか目に止まることはありません。

しかし、LINEでは日常で使っているため通知が来たら見て確認することがあたりまえになっています。

歯科医院のLINE公式アカウントで定期検診の重要性や虫歯予防の重要性などを発信することで、メッセージを見てくれて、定期検診の重要性に気づいた患者さんが歯科医院に足を運んでくれるようになるので、接客的に情報発信をしていきましょう。

ただ、1点情報発信について注意しなければいけないこともあります。

それは、有益な情報でないとブロックされる可能性が高くなるということです。LINEは日常で使っているので良くも悪くも目に止まりやすいです。

そこで、興味のない情報や質の低い情報が頻繁に送られてくると、患者さんはブロックしてしまいます。

情報発信をする時は、ためになる有益な情報であることや配信の頻度に気をつけるようにしましょう。

②メッセージで個別にリコールのお知らせを送る

来院と同時に歯科医院のLINE公式アカウントに登録してもらうこととします。

LINE公式アカウントにはステップ配信という機能があるので、友だち追加登録から◯ヶ月後に前回の来院から一定期間が経過した患者さんに対して、次回の健診やクリーニングのおすすめや予約方法などを送ることで、リコール率を高めることができます。

皆さんの中でハガキで送っているから大丈夫と考えている方はいませんか。
それだと予約までの導線が長くて離脱に繋がる可能性が高いです。

LINE公式アカウントを活用すれば予約フォームも一緒に送ることができるので、患者さんはその場で予約ができて、離脱の可能性が低くなります。

また、ステップ配信を活用することで、手紙を送るスタッフの人件費も削減できるのでおすすめです。

③リッチメニューに予約までの導線を組んでおく

歯科

LINEからリコール率をアップさせたいと考えているなら、リッチメニューに予約までの導線を組んでおくことは必須です。

例えば先程も紹介しましたが、チラシや手紙で「予約したい方は営業時間内の電話もしくは〇〇歯科と検索してWEBから予約してください」と書かれていてもなかなか来院の予約は増えていきません。

患者さんの気持ちになってみて考えることが大事です。

・予約の電話しようと思ったけど、もう営業時間終了してるし、今度電話しよう
・検索するのが面倒だから、後で予約しよう

このように悩む患者さんは多いです。

友だち登録してもらう時に「LINEから予約とれます」と一言伝えてあげて、患者さんが予約に迷わない・いつでも予約できるようにしてあげましょう。

歯科医院のLINE運用は分析も大切

ここまで歯科医院のLINE公式アカウントでリコール率アップのコツを解説しましたが、分析して改善していくことも忘れてはいけません。

配信して終わりではなく、配信のデータ分析をすることで、さらに良い配信へと改善していくことが大切です。

例えば、配信したけどメッセージの開封率が低い場合は、プッシュ通知で表示されるタイトルを意識してライティングを変えてみてください。

毎回の配信のプッシュ通知のタイトルが「こんにちは〇〇歯科です」では、そのうち飽きて開封されなくなってしまいます。

例えばですが、「こんな症状ありませんか?」などという始まり方でも、続きが気になって開封してくれる可能性が高くなります。

次にブロック数も確認するようにしましょう。ブロック数が多い場合は、患者様が想像していたLINE公式アカウントと違う場合や配信回数が多すぎることなどが考えられます。

データを分析して改善を繰り返していきましょう。

まとめ:歯科医院もLINE公式アカウントを運用しよう

今回は歯科医院のLINE公式アカウントでリコール率が増加する3つのコツについて解説いたしました。

LINEは日常の連絡手段で使うツールです。今までホームページなどでしか情報発信をしていなかった歯科医院はぜひLINE公式アカウントを活用してリコール率アップさせていきましょう。

もしも、「とっても取り組む時間がない」、「リコール率アップに繋がるLINE公式アカウントにしたいけど難しい」とお悩みの方は詳しい会社に相談するのも検討してみてください。

弊社Denis techは歯科医院様専門のデジタルマーケティング支援会社です。

これまでに多くの歯科医院様の集患やリコール率を改善してきました。
その経験を活かして弊社では歯科医院様専用のLINE公式アカウントの制作も行っています。

気になる方はぜひお気軽にご相談ください。

S__221757450

株式会社Denis tech

代表取締役社長 田丸 誠人

法政大学在学中にクリニックを経営している会社にインターン。その後、同会社に入社。歯科業界のマーケティングに課題を感じ「歯科経営者の1番のサポーターでありたい」という思いで株式会社Denis techを設立。クリニックの経営で得たマーケティングのノウハウを元に、多くの歯科医院のマーケティング支援を成功させてきた。現在は上場企業と提携しセミナー登壇活動もしている。

最新記事

お問い合わせ