歯科医院が押さえるべきマーケティングの基本を解説します

本日は、歯科医院が押さえるべきマーケティングの基本というテーマでお話しします。

皆さんは、マーケティングを正しく行えていますでしょうか。

「大事なのは知っているけど、よくわからない」
このように考えている歯科経営者様もいらっしゃると思います。

歯科医院のマーケティングは、医院のブランド価値と市場の地位を向上させるための重要な取り組みです。

具体的には、患者さんが何を求めているのかを調査し、その結果をもとにサービスの改善や新たなサービスに取り組みます。

これにより、歯科医院は患者さんにとって魅力的な選択肢となり、結果として患者さんの流入を促進することができます。

「とりあえず広告を打てばいいんでしょ」

このような考えは非常に危険です。歯科医院のマーケティングは単に広告を増やすことや売上だけを上げることを目的とするものではありません。

患者さん一人ひとりのニーズに対応することで、歯科医院のサービスを磨き上げ、長期的な信頼関係を築くことが目標となります。

私はこれまでに多くの歯科医院のマーケティングに携わってきましたが、歯科医院にとってマーケティングは必須といっても過言ではありません。

今回は歯科医院が押さえるべきマーケティングの基本について、紹介していきますのでぜひ最後までご覧ください。

①市場・患者さんを理解する

まとめ

歯科医院の成功は、市場・既存の患者さんの理解から始まります。

まず、ご自身のクリニックが活動している市場をしっかりと分析しましょう。
競合他社がどのようなマーケティング戦略を採用しているか、また、あなたのクリニックに来院する可能性のある患者層はどのような特徴を持っているかを把握することが重要です。

次に、あなたのクリニックが提供するサービスに焦点を当て、その市場の規模を理解しましょう。市場の大きさと、運営の成功率やリスクを評価することで、より効果的な経営戦略を立てることができます。

さらに市場分析を行うことで、歯科医院に来院する可能性がある患者層を明確に特定することができます。

この分析から、特定の年齢層や性別の患者さんが求めるサービスを理解することができて、ターゲットを絞ったマーケティング戦略を立てることもできます。

例えば矯正治療やインプラント、入れ歯どの治療を全面にだして告知するのが効果的なのか、もしくは駅からのアクセスの良さ、オンラインでの予約システムなどの利便性を前面に出した広告を展開することが効果的なのか。

この選択次第で患者さんの関心を引き、来院を促すことができます。

全体の患者層のどの人にも当てはまるような広告をするよりも、来院可能性が高い患者層に焦点を当てたマーケティングを行うことで、より効果的な患者集客が期待できるので市場・患者さんを理解することから始めましょう。

②患者さんとコミュニケーションを取る

歯科医院のマーケティングでは患者さんとのコミュニケーションも大事になります。

患者さんとの直接的なコミュニケーションを通じて、明確なニーズだけでなく、潜在的なニーズも発見することができます。

患者さんとのコミュニケーションから医院のサービス改善に繋げて、患者さんのニーズに応えることができます。

また、良好なコミュニケーションは、口コミによる新規の患者さんの獲得にも影響します。

満足した患者さんは、家族や友人におすすめしてくれる可能性が高く、これが最も効果的なマーケティングとなります。

さらに、デジタルマーケティングの今の時代においては、ソーシャルメディアや医院のウェブサイトを通じた患者さんとのコミュニケーションも重要です。

オンラインでの積極的な情報提供やコミュニケーションは、患者さんとの関係を強化し、集患にも繋がります。

結論として、オンラインでもオフラインでも患者さんとのコミュニケーションは、歯科医院のマーケティング戦略において非常に重要です。

是非患者さんとコミュニケーションを取るようにしましょう。

③分析と改善

マーケティングにおいては、施策の効果を測定することが成功への鍵です。
例えば、患者様の来院数を増やす目的でWEB広告を実施した場合、その結果として実際に来院数がどれだけ増加し、売上がどの程度向上したかを把握することです。

このデータがなければ、そのマーケティング施策が成功したかどうかを判断することはできません。

分析を通じて明らかになった課題を次の施策に活かすことで、より精度の高いマーケティング戦略を立て、効果を最大化することが可能です。

データの収集と分析、そしてそれに基づく改善を繰り返すことで、歯科医院のマーケティングを成功に導くことができます。

データに基づく戦略的なアプローチは、経営の質を高め、患者さんの満足度を向上させるために不可欠です。

ぜひ、分析と改善まで取り入れて、集患していきましょう。

まとめ

では今回の内容をおさらいします。

歯科医院が押さえるべきマーケティングの基本は

①市場・患者さんを理解する
ご自身のクリニックが活動している市場の理解、どんな患者さんが来てくれているのかを理解することから始めましょう。

②患者さんとコミュニケーションを取る
コミュニケーションを通じて、明確なニーズだけでなく、潜在的なニーズも発見することができます。口コミによる新規の患者さんの獲得にも影響するのでオンラインでもオフラインでも積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。

③分析と改善
分析を通じて明らかになった課題を次の施策に活かすことで、より精度の高いマーケティング戦略を立て、効果を最大化することが可能です。仮説と検証を繰り返して戦略を立てていきましょう。

以上が歯科医院が押さえるべきマーケティングの基本になります。

「WEBからもっと集客したいけど、誰に相談していいか分からない。」
「うちにあったマーケティング施策を提案して欲しい」

と悩んでいるそんな方のために、無料個別相談会も行っております。

無理な営業提案はしませんので、下記のお問い合わせからすぐに日程を調整できるのでぜひお気軽にご連絡ください!

S__221757450

株式会社Denis tech

代表取締役社長 田丸 誠人

法政大学在学中にクリニックを経営している会社にインターン。その後、同会社に入社。歯科業界のマーケティングに課題を感じ「歯科経営者の1番のサポーターでありたい」という思いで株式会社Denis techを設立。クリニックの経営で得たマーケティングのノウハウを元に、多くの歯科医院のマーケティング支援を成功させてきた。現在は上場企業と提携しセミナー登壇活動もしている。

最新記事

お問い合わせ