【歯科・歯科医院のLINE公式アカウント】歯科医院のLINE公式アカウントでよくある失敗事例3選

本日は、歯科医院のLINE公式アカウントでよくある失敗事例についてお話しします。

皆さんはLINE公式アカウントをしっかり活用できていますでしょうか?

LINE公式アカウントはLINEで歯科医院と患者さんをつなぐサービスです。
今では店舗集客に欠かせないものとなりましたが、上手く活用できていないケースも多いです。

歯科医院では、患者さんとのコミュニケーションツールとして、利用できますが、ただLINE公式アカウントを持っているだけでは、リコール率は上がりません。

そこで今回は多くの歯科医院の集客改善に携わっている私が、歯科医院のLINE公式アカウントでよくある失敗事例をお伝えするので必ずチェックしてください。

1.友だち集めが出来ていない

歯科医院のLINE公式アカウントでよくある失敗事例の1つ目は、友だち集めが出来ていないということです。

LINE公式アカウントは友だちになって貰わないとこちらから情報発信など出来ません。

よくある話なのですが、せっかくLINEを作ったのに友だちが集まりませんでしたということです。

LINEを作っただけでは当然友だちは勝手に増えていきません。

友だち数を増やすために、クリニック内やホームページなどで追加のQRコードを掲示したり、SNSなどでも登録を促すようにしましょう。

この時のポイントは「登録するメリットがないと患者様は友だち登録してくれない」ということです。

登録すると患者様にどんなメリットがあるのかしっかりと伝えるようにしましょう。

また、受付での声掛けも非常に大切です。

会計の際に「LINEで予約も可能です」や「LINEで予防に役立つ情報発信をしているので登録お願いします」と促すことでLINEを登録するメリットが伝わって友だち追加してもらいやすくなります。

LINEを導入したら、ぜひ受付の方に声掛けをお願いしましょう。

2.LINEをする目的が決まっていない

歯科医院のLINE公式アカウントでよくある失敗事例の2つ目は、LINEをする目的が決まっていないということです。

LINEを上手く活用するには目的を決めて設計することが大切です。

目的が決まっていないとよくわからない設計になって、なんの効果もないLINE公式アカウントになってしまいます。

例えばLINEからリコール率をアップさせたいと考えているなら、リッチメニューに予約までの導線を組むことで、配信をみた患者さんが予約をそのタイミングでとってくれてリコール率アップにも繋がります。

とくに目的は決めてないけど、とりあえずで作ったLINEは患者さんも何ができるのかよくわからず、結局ブロックされがちです。

歯科医院のLINE公式アカウントなら
・リコール率を上げる
・情報発信をして予防の大切さを伝えて定期検診に来て貰う

などの目的をしっかり決めて、その目的を達成するために必要な施策や導線はなにかを考えてから構築するようにしましょう。

3.情報発信をしていない

歯科医院のLINE公式アカウントでよくある失敗事例の3つ目は、作っただけで満足して情報発信をしていないということです。

皆さんはLINEの友だちのアカウントをどういう時に確認しますか。
恐らく、メッセージが来たら確認するかと思います。

LINE公式アカウントもそれと全く同じです。
情報発信をしていないと、友だち登録をしてもらってもアカウントが見られることはありません。

登録してもらったら定期的に情報発信をするようにしましょう。

ここでよくある勘違いは「とにかく情報発信しよう」と思うことです。

ダメなの?と思われるかもですが、なんでも情報発信をするのはNGです。

LINEはよくも悪くも日常で使う連絡ツールです。
そこに、自分が興味のない情報が沢山届くとどうなると思いますか。

恐らく殆どの方がブロックして自分に関係のない情報が入ってこないようにします。

一度ブロックされてしまうと、解除してもらうのは難しいです。

なんでも情報を発信するのではなく、友だち登録してくれている患者さんが有益と思う情報だけを発信するようにしましょう。

まとめ

では今回の内容をおさらいします。

1.友だち集めが出来ていない
・ LINEを作っただけでは友だちは勝手に増えない
・登録すると患者様にどんなメリットがあるのか伝えて登録してもらう

2.LINEをする目的が決まっていない
・目的が決まっていないとなんの効果もないLINE公式アカウントになってしまう
・目的を決めて、その目的を達成するために必要な施策や導線を盛り込む

3.情報発信をしていない
・情報発信をしていないと、友だち登録をしてもらってもアカウントが見られることはない
・友だち登録してくれている患者さんが有益と思う情報だけを発信する

以上が今回説明したかった歯科医院のLINE公式アカウントでよくある失敗事例になります。

今回紹介したことを意識して 歯科医院のLINE公式アカウントをより良いものに改善していきましょう!

WEBからもっと集客したいけど、誰に相談していいか分からない。そんな方のために、無料個別相談会も行っております。

無理な営業提案はしませんので、下記のお問い合わせからぜひお気軽にご連絡ください!

S__221757450

株式会社Denis tech

代表取締役社長 田丸 誠人

法政大学在学中にクリニックを経営している会社にインターン。その後、同会社に入社。歯科業界のマーケティングに課題を感じ「歯科経営者の1番のサポーターでありたい」という思いで株式会社Denis techを設立。クリニックの経営で得たマーケティングのノウハウを元に、多くの歯科医院のマーケティング支援を成功させてきた。現在は上場企業と提携しセミナー登壇活動もしている。

最新記事

お問い合わせ