歯科医院の集患にLINE公式アカウントは効果的?プロが教える3つの運用のポイント 【歯科・歯科医院のLINE公式アカウント】

「歯科医院のLINE公式アカウントから集患したい」
「どういう風にLINEを運用すればいいかわからない」

このようなお悩みはありませんか。

LINE公式アカウントは多くの店舗ビジネスで使われていますが、歯科医院ならではの構築、運用のポイントを抑えておかないと成果はでません。

弊社では歯科医院のLINE公式アカウントの導入のサポートから運用のアドバイスまで行っていますが、LINE公式アカウントの運用・構築で悩んでいるそんな歯科医院の先生方のために、今回はプロが教える3つの運用のポイントについて解説していきます。

歯科医院でLINEを導入した方がいい理由

LINEは日本で最も普及しているメッセージアプリであり、多くの患者さんがすでに利用しています。歯科医院のLINE公式アカウントを作成すれば、患者さんと直接やりとりができるようになるだけではなく、集患や業務改善に役立ちます。

例えば、予約の確認や変更、治療の説明やアフターケアの指示、アンケートの配信などが可能です。これにより、電話やメールよりもスムーズに情報伝達ができ、患者さんの満足度やリピート率を高めることができます。

また、LINEは歯科医院の業務効率化にも貢献します。予約システムと連携すれば、自動的に予約確認やリマインダーを送ることができます。

また、設計次第では患者さんからの口コミ対策も行えるので、新規の患者さんを獲得するチャンスも広がります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください
【知らないと損】歯科医院で公式LINEを導入するべき理由5選

歯科医院の集患に役立つLINE運用3つのポイント

ここからは実際に歯科医院のLINE公式アカウントの運用を代行している弊社が意識している3つのポイントについて解説していきます。

①目的を意識して、LINEを構築・運用する

運用のポイント1つ目は目的を意識して、LINEを構築・運用するということです。LINE公式アカウントは、ユーザーとのコミュニケーションや情報発信のツールとして活用できますが、その効果は目的に応じて異なります。

例えば、ブランディングを目的とする場合は、LINE公式アカウントのプロフィールやリッチメニューを工夫して、ユーザーに印象づけることが重要です。

リッチメニューとは、ユーザーが歯科医院の公式アカウントとトークを開始したときに表示される画像メニューです。ユーザーはリッチメニューの画像のボタンをタップすることで、歯科医院のサービスや特徴などを簡単に知ることができます。

そこに歯科医院の特徴や強み、理念などを伝えるコンテンツを配置することでアピールすることができます。

また、定期検診を増やすことを目的とする場合は、LINE公式アカウントのタイムラインやメッセージで、啓蒙教育活動をして予防歯科の重要性を伝えることで定期検診を増やすことが出来ます。

LINE公式アカウントは目的を明確にし、それに沿った構築・運用を行うことが大事なので、集患に繋げたいのか、予約導線を設計して業務改善をしたいのかなど、まずは目的を明確にしましょう。

②メリットを伝えて友だちを増やす

LINE公式アカウントは友だちが多ければ多いほど、メッセージを多くの人に届けることができます。メッセージが多くの人に届けられるようになれば、それだけ定期検診で来てくれる人も多くなります。しかし、折角いいLINE公式アカウントを作っても友だち数を増やせない歯科医院のアカウントも多いです。

ではどうすればいいのかというと、メリットを伝えて友だち登録を促すということです。
例えば、「次回の予約をLINEから簡単にできます」と伝えたり、「こちらのLINE公式アカウントで歯の健康に役立つ情報を発信しているので、登録しといてください」などとアナウンスすることで友だち登録を促すことができます。

LINE公式アカウントのメリットを伝えられるように、スタッフにも共有して友だちを増やせるようにしましょう。

③配信のデータ分析をする

配信して終わりではなく、配信のデータ分析をすることで、さらに良い配信へと改善していくことができます。

例えば、配信したけどメッセージの開封率が低い場合は、プッシュ通知で表示されるタイトルを意識してライティングを変えてみてください。

毎回の配信のプッシュ通知のタイトルが「こんにちは〇〇歯科です」では、そのうち飽きて開封されなくなってしまいます。

例えばですが、「こんな症状ありませんか?」などという始まり方でも、続きが気になって開封してくれる可能性が高くなります。

次にブロック数も確認するようにしましょう。ブロック数が多い場合は、患者様が想像していたLINE公式アカウントと違う場合や配信回数が多すぎることなどが考えられます。

データを分析して改善を繰り返していきましょう。

LINE以外の歯科医院の集患に効果的な方法

LINE公式アカウント以外でも歯科医院の集患に効果的な方法はいくつかあります。まず、ホームページなどのオンライン媒体を活用することです。

ホームページでは、歯科医院の特徴やサービス、スタッフ紹介、患者さんの声などを掲載して、信頼感や魅力を伝えることができます。

また、SEO対策を行うことで、検索エンジンやSNSでの露出を高めることができます。

この内容については詳しくはこちらの記事をご覧ください。
歯科医院がSEO対策すべき理由とは?SEOで集患させるポイントも解説

次にSNSの活用も効果的です。SNSの中でいうと歯科医院のインスタグラム運用は今ではあたりまえのように浸透してきています。実際にインスタグラムをみて来院を決めているという人も少なくありません。

インスタグラムを活用して、歯科医院のサービスや施術の様子、院内の雰囲気やスタッフの紹介などを写真や動画で投稿することで、患者さんとのコミュニケーションや歯科医院を探している患者さんに自院をアピールすることができます。

この内容については詳しくはこちらの記事をご覧ください。
歯科医院のインスタグラム運用のプロが教える!9割が出来ていない来院率アップの秘訣とは?

以上のように、LINE公式アカウント以外にも歯科医院の集患に効果的な方法はたくさんあります。しかし、どの方法も一朝一夕に結果が出るものではありませんし、これだけがおすすめというものもありません。どの方法も試して、長期的に継続して行うことが重要です。

まとめ:この投稿を参考にLINEを運用しよう

上位表示

今回は歯科医院の集患に役立つLINE運用3つのポイントについて解説いたしました。
LINE公式アカウントは、歯科医院と患者さんとのコミュニケーションを強化するための有力なツールです。ぜひ、今回紹介したポイントを参考にして、効果的なLINE運用を行ってください。

もしも、「とっても取り組む時間がない」、「戦略的なLINE公式アカウントを構築したいけど難しい」とお悩みの方は詳しい会社に相談するのも検討してみてください。

弊社Denis techは歯科医院様専門のデジタルマーケティング支援会社です。

これまでに多くの歯科医院様の集患を改善してきました。
その経験を活かして弊社では歯科クリニック様専用のLINE公式アカウントの構築、運用も行っています。

気になる方はぜひお気軽にご相談ください。

S__221757450

株式会社Denis tech

代表取締役社長 田丸 誠人

法政大学在学中にクリニックを経営している会社にインターン。その後、同会社に入社。歯科業界のマーケティングに課題を感じ「歯科経営者の1番のサポーターでありたい」という思いで株式会社Denis techを設立。クリニックの経営で得たマーケティングのノウハウを元に、多くの歯科医院のマーケティング支援を成功させてきた。現在は上場企業と提携しセミナー登壇活動もしている。

最新記事

お問い合わせ