歯医者で使えるセグメントマーケティングについて解説します

本日は、歯科医院で使えるセグメントマーケティングについてお話しします。

皆さんは集患対策や利益率アップに向けてどんな施策をしていますでしょうか?

「患者さんを増やしたいけど、どうすれば増えるのか分からない。」
「自費治療を受ける人を増やして経営を安定させたい。」
という悩みをもった方も多いと思います。

今回紹介するセグメントマーケティングを活用すればより効果的な集患、利益率アップに繋がります。

多くの歯科医院のサポートをしている私が、セグメントマーケティングとはなにか、歯科医院での活用方法についてお伝えするので必ずチェックしてください。

セグメントマーケティングとは

セグメントマーケティングとは、市場を細分化し、特定の顧客グループに焦点を当てたマーケティング活動を行うことです。

歯科医院の場合、患者の年齢、性別、ライフスタイル、治療ニーズなどに基づいてセグメントを定義することができます。

例えば、高齢者向けの在宅歯科サービス、子供向けの予防歯科プログラム、美容意識の高い患者向けの審美歯科サービスなど、特定のセグメントに特化したサービスを展開することで、他の歯科医院との差別化を図ることが可能です。

セグメントマーケティングの重要性

日本にはコンビニエンスストアの数を上回るほどの約68,000件の歯科医院が存在しています。

すでに集患できている歯科医院、経営が安定している歯科医院はセグメントマーケティングなどのマーケティング戦略に取り組んでいます。

逆に言えば、他の歯科医院よりも集患したり、自費治療で経営を安定化させるためにはセグメントマーケティングを取り入れないと、差が開いてしまいます。

このようなコンビニの数よりも歯科医院が多い状況の中で、他の歯科医院よりも成功するためには、セグメントマーケティングのようなマーケティング戦略を知って活用していくことが大事になります。

歯科医院のセグメントマーケティング活用について

歯科医院なら、患者さんによって自費診療へのアプローチ方法を変えるのもセグメントマーケティングの1つです。

例えば比較的若い患者さんの場合、見た目を気にする方も多いです。

若い患者さんの場合には被せ物を選ぶ際に「銀歯だと口が空いた時に他の人に銀歯が見えちゃうことがありますが、どうしますか?」などの声へかけも効果的です。

その後に審美性の高いセラミックについて紹介してあげるようにしましょう。

そこでメリットを感じていただければ患者さんの為にもなります。

逆にその声掛けをしないで治療した場合、患者さんが銀歯にしたことを後悔する可能性もあります。

次に中高年の方への提案方法ですが、その方の特徴次第ですが、審美への意識が高ければ見た目への訴求もいいですが、中高年の方になると治療歴が多い患者さんも増えてきます。

治療歴が多い患者さんには自費の詰め物・被せ物で保険診療のものよりも虫歯予防になることを伝えましょう。

患者さんの悩みを考えて、提案の仕方を変えるだけで効果が変わってくるので是非意識してみてください。

LINE公式アカウントでセグメントマーケティング

LINE公式アカウントとは、企業や店舗などが運営するLINEアカウントです。

LINE公式アカウントには、
・1対1のトークができる
・プッシュ通知やタイムライン投稿でメッセージを送れる
・チャットボットやリッチメニューなどの機能を使ってユーザーに情報発信できる

などの機能がありますが、セグメント別にメッセージを配信することもできます。

歯科医院でLINE公式アカウントを導入すれば、先程の若い患者さん・中高年の方への提案をLINEの配信で行うこともできます。

LINEを活用してセグメントマーケティングを行うことで集患、利益改善に繋がるのでぜひLINE公式アカウントをまだ導入していない歯科医院様は導入を検討してみてください。

Lステップもおすすめ

さらにより詳細なセグメントを切るならLステップを活用するのがおすすめです。

Lステップを活用するとアンケートを流して調査データを配信にいかすことができます。

これにより、審美に興味があるのか、健康に興味があるのかをアンケートで知れて、その後の配信をその方に合った配信ができるので効果が高くなりますので、LINEをさらに活用したいと考えている歯科医院様はこちらも是非導入を検討してみてください。

まとめ

では今回の内容をおさらいします。

セグメントマーケティングとは歯科医院の場合、患者の年齢、性別、ライフスタイル、治療ニーズなどに基づいてアプローチの方法を変えることです。

歯科医院数の数はコンビニの数よりも多くなってきているので他の歯科医院よりも集患したり、自費治療で経営を安定化させるためにはセグメントマーケティングなどの戦略が重要。

治療の提案の仕方、LINEを活用したセグメントマーケティングが歯科医院ではおすすめ。

以上が今回説明したかった歯科医院で使えるセグメントマーケティングになります。

過去の記事でも歯科医院がどのように集患対策を行えばいいのか解説しています。

ぜひそちらの方も見てみてください!

WEBからもっと集客したいけど、誰に相談していいか分からない。そんな方のために、無料個別相談会も行っております。

無理な営業提案はしませんので、まずは下記のお問い合わせからすぐに日程を調整できるのでぜひお気軽にご連絡ください!

S__221757450

株式会社Denis tech

代表取締役社長 田丸 誠人

法政大学在学中にクリニックを経営している会社にインターン。その後、同会社に入社。歯科業界のマーケティングに課題を感じ「歯科経営者の1番のサポーターでありたい」という思いで株式会社Denis techを設立。クリニックの経営で得たマーケティングのノウハウを元に、多くの歯科医院のマーケティング支援を成功させてきた。現在は上場企業と提携しセミナー登壇活動もしている。

最新記事

お問い合わせ