徹底解説!!歯科医院における広告の全体像をお話しします。

 

株式会社Denis techです。
本日はセールスファネルと広告ポジションについてというテーマで、記事を書きます。
動画でも出してるので、動画の方が見やすいという方は上の画像をタップしてご確認ください。

歯科医院の皆様のwebで集客はしたいけど、営業はたくさんくるし、結局どの施策をすればいいかわからないという声をたくさん聞くので歯科の集患を専門に支援させていただいているdenis techが客観的な立場からが解説させていただきます。

1 セールスファネルについて

まずは患者様がクリニックに来院するまでの流れを解説します。

セールスファネルとは、マーケティング用語です。
潜在的な患者様が来院して治療を受けるに至るまでの過程を現しています。
横軸が潜在的な患者様の数(そのエリアの人口)
縦軸が患者様が来院するまでの心の動きとて思ってください。
全ての患者様は上から下に流れていきます。
各フェーズごとに見込み患者は離脱していくイメージが付きますでしょうか?

集患を増やすには認知の母数を多くして、各フェーズにおける離脱率を低くすることが必要です。

2 広告の種類と特性

広告の種類を解説します。
広告は大きく即効性型と資産性型に分けられます。

即効性型はgoogleや媒体に課金をして検索で目立つところに表示させる広告です。
メリットは成果が出るまで早いことで、デメリットは課金をやめた途端に広告効果がなくなってしまうことや、契約期間が長い場合があることです。

資産性型は課金はせず、コツコツ対策が必要な広告手法です。メリットはCpaが下げられる(広告費が最小限)ことと、その施策は永遠に残り続けることです。デメリットは成果が出るまで時間がかかることです。


3 角ファネルごとの施策

たくさん広告を紹介しましたが、私のクリニックはどれを行えばいいの?
ていう疑問が生じたと思います。

こちらの表を見てください。
こちらは先ほどお見せしたセールスファネルを横向きに表しています。
角段階ごとにやるべき施策をまとめました。

皆様がどの段階でつまずいているのかを確かめてください。

4 結論

歯科医院の状況によってやるべき施策が異なります。
皆様がどの状態なのか上の表を使って確かめてください。
皆様がどの状態なのかを、知った上で適切な改善策を打てるように、無料個別相談会を行っております。まずは概要蘭のリンクからすぐに日程を調整できるのでお申し込みください。
日程を調整をする

S__221757450

株式会社Denis tech

代表取締役社長 田丸 誠人

法政大学在学中にクリニックを経営している会社にインターン。その後、同会社に入社。歯科業界のマーケティングに課題を感じ「歯科経営者の1番のサポーターでありたい」という思いで株式会社Denis techを設立。クリニックの経営で得たマーケティングのノウハウを元に、多くの歯科医院のマーケティング支援を成功させてきた。現在は上場企業と提携しセミナー登壇活動もしている。

最新記事

お問い合わせ