【歯科医院集患の鍵】インスタグラム×LINE公式アカウントの組み合わせ術とは?

皆さん、集患するために何か施策を打っていますか?
恐らくほとんどの歯科医院様がなにかしら力を入れて行っているかと思います。

「集患するために色んな施策を打っているけど、なかなか成果に繋がらない」
そんな先生方のお悩みも多く聞きます。

成果に繋がらないからまた別の施策を実施するということも非常によくある話です。
もちろん、別の施策を打つことは悪いことではなく、集患に繋がることもあると思います。

しかし、新しい施策というのはどうしても費用もかかってくるので簡単にはいかないことも多いと思います。

そこで、今回は多くの歯科医院の集患に携わっている私が新しい施策ではなく、組み合わせることで集患に繋がった、インスタ×LINEの組み合わせ術について紹介していきたいと思います。

この方法で実際に集患できた歯科医院も多いので必ずチェックしてください。

歯科医院のインスタ運用について

まずは歯科医院のインスタ運用について解説していきます。

インスタグラムでは、歯科医院のサービスや施術の様子、院内の雰囲気やスタッフの紹介などを写真や動画で投稿することで、患者さんとコミュニケーションをとることができたり、歯科医院を探している患者さんに自院をアピールすることができます。

最近では多くの歯科医院が自院でインスタグラムを運用していますが、歯科医院がインスタグラムを運用するメリットは主に4つあります。

  • 患者さんの信頼感や親近感を高める
  • 治療に対する不安や疑問を解消する
  • 新規患者さんの獲得や既存患者さんのリピート率を向上させる
  • 歯科医院のブランディングや差別化を図る

しっかりと考えてアクションを促すような投稿をすることで、新規患者さんの獲得や既存患者さんのリピート率も向上させることができます。

ただ、ここについては多くの歯科医院でしっかりと取り組めていないのが現状です。
弊社は歯科医院専門のマーケティング会社ですので、これまで沢山の歯科医院のインスタアカウントを見てきましたが独学でやってしまい、結局集患に繋がっていないケースがほとんどです。

皆さんが歯科治療についてしっかりと学んでから歯医者さんになった様に、インスタから集患するのも、しっかりと学んでから運用しないと集患はできません。

過去の動画でこちらについては詳しく解説しているのでぜひそちらもご覧ください。
【0円で集客も可能!】歯科医院のインスタグラム運用で抑えるべき3つのポイント初級編!

歯科医院のLINE活用について

次に歯科医院のLINE運用について解説していきます。

LINEと聞いて、「歯科医院でもLINE公式アカウントが使えるの?」と思う先生方も多いのではないでしょうか?

歯科医院にとって、LINE公式アカウントを導入することは、様々なメリットがあります。

  • 定期的な配信でリコール率を上げられる
  • 予約ツールになる
  • 業務を効率化できる
  • 啓蒙教育活動をして自費率を上げられる
  • 口コミ対策ができる

LINE公式アカウントは、歯科医院の業務改善から集患対策までできる、とても便利なツールです。

さらに、友だち登録をしてくれた患者さんが増えていくことが資産になるので、広告形態としても優秀です。

弊社のクライアントさんは数千人の友だち登録者がいるクリニックさんも多く、配信をすればいつでも来てもらえる状態になっています。

LINEについての詳しい解説は過去の動画をぜひご覧ください。
【知らないと損】歯科医院で公式LINEを導入するべき理由5選

インスタ×LINEの組み合わせ術

ではここまで歯科医院のインスタとLINEについて解説してきましたが、ここからはこの2つを組み合わせると効果が何倍にもなるということについてお話していきます。

まず、頑張ってインスタグラムを運用しているのに、集患に繋がらず残念なアカウントの特徴ですが、プロフィールのURLからホームページは見られるのに、その後来院に繋がっていないケースです。

これは非常にもったいないです。
発信内容に興味をもってくれて、プロフィールに訪れて、ホームページまで見てくれたのに来院に繋がらない、その後フォローもされなかったら、もうアプローチする手段はありません。

そこでおすすめしたいのが、プロフィールのURLにLINE公式アカウントを設置しておくことです。

例えば、今先生方のインスタアカウントでLINEを設置していないで、ホームページのURLを設置していたとします。

プロフィールのURLタップ数が1ヶ月で20あったとすると、同じ人がタップしている可能性もあるので15人くらいが興味をもって歯科医院のホームページを見てくれたけど、取り逃している状態になってしまっているのです。

そこでプロフィールのURLをLINEにしていれば、15人に登録してもらうことができて、また別の機会に来院を促す配信をすることができます。

プロフィールのURLに歯科医院のLINE公式アカウントを設置しておくことで、その日は予約をしてくれなかったとしても、LINE公式アカウントを友だち登録してもらえれば、リストを獲得でき、継続的に来院を促すことができるのでおすすめです。

しかし、ただ、LINE公式アカウントのURLを設置していても登録率はなかなかあがりません。

そこで大事になってくるのが、登録してもらうメリットをプロフィールに記載しておくことです。

「LINEから歯のお悩みを先生に相談できます!」
「LINEでインスタより更に詳しく虫歯予防の情報発信中」
「友だち登録で来院時歯ブラシ1本プレゼント」

など登録のメリットを書いておくことが大事になりますのでぜひ意識してやってみてください。

まとめ

では今回の内容をおさらいします。

①歯科医院のインスタ運用でしっかりと考えてアクションを促すような投稿をすることで、新規患者さんの獲得や既存患者さんのリピート率も向上させることができる

②LINE公式アカウントで、歯科医院の業務改善から集患対策までできる

③インスタグラムとLINEを組み合わせるとリストを獲得でき、継続的に来院を促すことができる

④インスタのプロフィールにLINEを登録するメリットを記載する

以上が今回説明したかったインスタ×LINEの組み合わせ術になります。
今回紹介したことを意識して集患対策をしていきましょう!

「WEBからもっと集客したいけど、誰に相談していいか分からない。」
「歯科医院のSNS活用についても詳しく知りたい」

と悩んでいるそんな方のために、無料個別相談会も行っております。

無理な営業提案はしませんので、下記からすぐに日程を調整できるのでぜひお気軽にご連絡ください!

S__221757450

株式会社Denis tech

代表取締役社長 田丸 誠人

法政大学在学中にクリニックを経営している会社にインターン。その後、同会社に入社。歯科業界のマーケティングに課題を感じ「歯科経営者の1番のサポーターでありたい」という思いで株式会社Denis techを設立。クリニックの経営で得たマーケティングのノウハウを元に、多くの歯科医院のマーケティング支援を成功させてきた。現在は上場企業と提携しセミナー登壇活動もしている。

最新記事

お問い合わせ