【歯科・歯科医院のインスタグラム運用】インスタで集患に繋がる?初心者でもできる始め方を解説!

「歯科医院のインスタ運用についてよく分からない」
「インスタをとりあえずしているけど来院に繋がらない」

このようなお悩みはありませんか。

インスタグラムを運用されている歯科医院は非常に多くなってきました。
実際にインスタグラムを見て来院を決めているという患者さんも徐々に増えてきています。

しかし、多くの歯科医院では間違った運用をしてしまっています。

「とりあえず写真をあげていれば集患に繋がる」と思っていませんか。
そんなことはなく、インスタ運用も集患につなげるには戦略や設計が重要になります。

弊社では多くの歯科医院のインスタグラム運用のアドバイスまで行っていますが、今回はインスタグラム運用で来院に繋げたいと悩んでいる先生方に向けて、インスタ初心者でもできる始め方について解説していきます。

⻭科におけるインスタグラムの必要性

2019年時点でインスタグラムは検索数でgoogleと引けを取らない媒体になっています。

インスタグラムアプリ内で近隣の店舗などを検索できる地図検索機能も導入されて新しい店舗やクリニックとの出会いを求めている人が多い媒体でもあります。

そんな、新しい検索ツールになっているインスタグラムで、歯科医院のサービスや施術の様子、院内の雰囲気やスタッフの紹介などを写真や動画で投稿することで、新規の歯科医院を探している患者さんに自院をアピールすることができます。

最近では多くの歯科医院が自院でインスタグラムを運用していますが、歯科医院がインスタグラムを運用できれば​​以下のようなメリットがあります。

  • 患者さんの信頼感や親近感を高める
  • 治療に対する不安や疑問を解消する
  • 新規患者さんの獲得や既存患者さんのリピート率を向上させる
  • 歯科医院のブランディングや差別化を図る

見るだけで終わりになるような投稿ではなく、アクションを促すような投稿をすることで、新規患者さんの獲得や既存患者さんのリピート率も向上させることができます。

歯科がインスタグラムを使って集患する方法

ここまでは歯科におけるインスタグラムの重要性を紹介しましたが、歯科医院でインスタグラムを運用しているにもかかわらず、来院率が上がらないという悩みを持っている方も多いです。

実は、歯科医院のインスタグラムで来院率をアップさせるためには、ただ投稿するだけでは不十分です。

ここからは、初心者でもできるインスタグラムを使って集患する方法を解説していきます。

①プロフィール・予約導線を整える

来院数を増やしたいと思っているのに、「どこにある歯科医院か分からない」・「予約の方法が記載されていない」、「休診日が分からない」などになっていませんか。

それではせっかくアカウントに人が訪れても、すぐに離脱されてしまいます。

まず、どこにある歯科医院か分からないということですが、全国に同じ名前の歯科医院があることもあります。

アカウント名の後ろに地域名なども記載して伝わるようにしましょう。

予約方法はプロフィールのリンクを活用したり、休診日についてはハイライトを活用して整えるのがおすすめです。

ハイライトやプロフィールのリンクにこれらの項目を設置しておくことで、これから来院しようとしている人の悩みをすぐに解消することができます。

また、投稿であれば、キャプション文に「ご予約はプロフィールURLから」と書くだけでも見た人にわかりやすく伝えることができます。

また、よくある間違いとして、投稿の中のキャプション文にURLをそのまま貼り付けてしまっている歯科医院も多いです。

インスタグラムではURLを貼り付けられる場所が限られているので、「ご予約はプロフィールのURLから」のように、プロフィールに流すようにしましょう。

URL以外にもDMでも予約を受け付ける場合はその旨を記載してあげましょう。

プロフィールと導線設計は非常に大事になりますので、是非見直してみてください。

②積極的にコミュニケーションをとる

まとめ

インスタグラムを一方的な発信の場と思ってしまってないでしょうか。
それではホームページと同じになってしまいます。

インスタグラムはコミュニケーションのツールです。
積極的にフォロワーの方や興味をもってくれた人と関わるようにしましょう。

  • コメントやメッセージに返信する
  • こちらから投稿にいいねやコメントをする
  • ストーリーズで質問やアンケートを投げかける

これらのことを行うことで、あなたの歯科医院に対して、興味や関心だけではなく、信頼感などが生まれ来院につながるようになります。

一方的な発信はやめて積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。

また、歯科医院の投稿にいいねやフォローしてくれる方はどういった方だと思いますか?
歯のお悩みを持っていたり、歯科医院について気になっているという場合がほとんどです。

もしも、フォローされたら「なにかご不明点やお悩みありましたら是非お気軽にご相談くださいね」と一言DM送るだけでも相談に繋がり、来院に繋がることもあるのでコミュにケーションを取っていきましょう。

③お悩み解消に繋がるコンテンツを発信する

昔のインスタグラムは写真だけの映えを狙った投稿でも伸びました。
しかし、今の時代のインスタグラムは文字入り投稿が基本となっています。

皆さんもインスタグラムを開いて、左下の虫眼鏡マークの発見欄を見てみてください。
発見欄でも文字が入った画像がほとんどではないでしょうか。

例えば
①虫歯予防の様子の画像
②虫歯予防の方法についての文字入れ投稿

どちらの方がより情報が伝わるでしょうか。
もちろん②の投稿の方が情報をしっかり届けることができて、悩みの解決に繋がりやすくなります。

どれだけターゲットの悩みを解決できるのかを意識してお悩み解消に繋がるコンテンツを発信していきましょう。

まとめ:歯科医院はインスタグラム運用で来院率をアップできる

歯科

今回はインスタ初心者でもできる始め方について解説いたしました。

歯科医院のインスタグラムはホームページと同じく、集患やブランディングにとって非常に重要な役割をしています。

今回紹介した内容を踏まえて、自院のインスタグラムを運用してみてください。

もしも、「自院のインスタグラムから集患したい」「歯科医院に特化したインスタグラム運用について詳しく知りたい」とお悩みの方は弊社までご相談ください。

弊社Denis techは歯科医院様専門のデジタルマーケティング支援会社です。

これまでに多くの歯科医院様のインスタグラム運用をしてきました。

気になる方はぜひお気軽にご相談ください。

S__221757450

株式会社Denis tech

代表取締役社長 田丸 誠人

法政大学在学中にクリニックを経営している会社にインターン。その後、同会社に入社。歯科業界のマーケティングに課題を感じ「歯科経営者の1番のサポーターでありたい」という思いで株式会社Denis techを設立。クリニックの経営で得たマーケティングのノウハウを元に、多くの歯科医院のマーケティング支援を成功させてきた。現在は上場企業と提携しセミナー登壇活動もしている。

最新記事

お問い合わせ