- 歯科医師インタビュー -

INTERVIEW
歯科医師紹介
医療法人社団ふなえ歯科医院
院長 桑原密雄
経歴
1988年 城西歯科大学卒業(現在の大学名:明海大学 歯科部)
1992年 医療法人社団ふなえ歯科医院開設
所属学会等
歯科医師臨床研修指導歯科医
AQBインプラント支部長
指導医師

どういった経緯で歯科医師になられたんですか?

小さい頃、実家の目の前に歯科医院が出来て毎日毎日沢山の患者さんが通院するのを見ていて、歯が悪くて困っている人がこんなに沢山いるんだと思いました。そして、困ってる人を助けてあげると感謝されてお金までもらえるんだと思い歯医者になろうと思いました。しばらく経って高校の時に、獣医になりたいと目標を変えて受験勉強をしていましたが、時すでに遅く偏差値が圧倒的に足りないことに気づき、また元の歯科医師になることに決めました。

開業に至った経緯は?

歯科大学を卒業後、東京都内の歯科医院に勤務していました。勤務してから、2年後に母が癌になり「お前は長男なんだから、新潟に帰ってきて開業して親を安心させなさい」と母に言われたのがきっかけで、今まで迷惑をかけていた親に最後の親孝行だと思い新潟の地で開業するにあたりました。

仕事へのこだわり

基本に忠実に患者さんの多様な症状や希望に応えられるよう、常に新しい技術を習得して自分ができる精一杯の技術や知識を提供できるよう努力し続けることです。自分が一度でも診察した患者さんには、最後まで責任を持って対応できるよう心がけております。

お休みの日は何をしていますか?

セミナーに出席したり、ゴルフの試合に出たりしています。

最後に患者様へメッセージをお願いします。

自分ができることを惜しみなくそそぎます。常に説明であり、受け答えには正直でありたいと思っています。また、患者さんへの提案は自分が知り得る全ての選択肢をし、患者さんが1番納得しその結果が満足できるものになるよう努力を惜しみません。そして、出来る限りスタッフ共々押しつけにならないよう十分に患者さんの要望を聞き取ることを徹底しております。 どんな些細なことでも遠慮することなく、おっしゃっていただければ医学的根拠に基づいた提案を出来るよう心がけています。

新着記事