- 歯科医師インタビュー -

INTERVIEW
歯科医師紹介
レアリゼ歯科クリニック
院長 氷見一馬
経歴
2016〜2021年 日本大学歯学部附属歯科病院 歯内療法科
2018〜2020年 戸田病院 歯科 科長
2020年 日本大学大学院歯学研究科 卒業 博士(歯学)取得
(研究テーマ:難治性根尖性歯周炎におけるEpstein-Barr virusの再活性化)
2020年 国民健康保険直営神津島診療所歯科 科長(離島診療)
2021〜2023年 佐藤歯科クリニック
2021年〜 日本大学歯学部 歯内療法学講座 兼任講師
2022~2023年 新宿三丁目北歯科(自費根管治療専門医)
2023年~ レアリゼ歯科クリニック 院長
所属学会等
歯学博士
日本歯科保存学会 専門医
日本歯内療法学会
日本顕微鏡歯科学会
日本口腔インプラント学会
International Association Dental Research(IADR)
厚生労働省歯科医師臨床研修指導医

どういった経緯で歯科医師になられたんですか?

幼い頃は将来の夢にずっとプロ野球選手と書くぐらいの野球馬鹿でした。小学3年から野球をはじめ、中学、高校と野球三昧の生活を送っていました。そんな私が歯科医師になりたいと思ったのは高校1年生の時でした。甲子園を目指して毎日地獄のような練習をしている最中、友人の顔面にボールがぶつかり前歯が折れるという事故がありました。しかし次の日、昨日無くなっていた筈の歯が治っていたのです。しかも全く何事も無かったかのように。それを見て歯科医師って凄いなと思ったのが最初のきっかけでした。そこから学校検診で歯科医師の先生と話す機会があり、目指してみればと背中を押してもらったのがきっかけで歯学部に入学し、現在の歯科医師という職業に就いています。また、そのように誰かの背中を押せる様な歯科医師になりたいと思って日々精進しています。

開業に至った経緯は?

開業に至った経緯として、大学病院に勤務している際、伊豆諸島の神津島に離島診療をしたのがきっかけです。1800人ほどの小さな島ではありますが、そこで歯科医師は1人という状況下でした。昼夜問わずに患者さんからの連絡が来て、診療外でも応急処置を行うのが普通の状態になっていました。患者さんからのありがとうの一言や噛める様になったという声などたくさんの言葉を頂きました。その様な中で密かに地元でも同じ様に地域の皆さんのためになれないかと考えていました。私は生まれてからずっと練馬区で育ってきました。成長させてきてくれた練馬区の皆さんに何か恩返しは出来ないかと思った時に、開業し、地域の皆さんの歯の健康を守ろうと思ったのがきっかけです。

仕事へのこだわり

大学を卒業後、大学病院で臨床研修を行いました。その中で、もっと苦手で嫌いだったのが根管治療です。何が嫌いかというと見えない、分からないというのが1番でした。昔から嫌いなことからは逃げたくなるタイプなのであえて嫌いな分野を学ぶことで自分を成長させてきた部分がありました。そこで、日本大学歯学部歯内療法学講座の大学院へ進学し、根管治療の1番の原因である根尖病巣の研究を行いました。また、日々附属病院にて臨床を行なってきました。その中で、CTやマイクロスコープを用いた精密根管治療を学びました。これが見えない、分からないからの脱却です。肉眼では到底見えることのない汚れや根っこの曲がり具合などが見えて分かることで従来の根管治療の成功率が飛躍的に伸びるきっかけとなったのです。また、ラバーダム防湿という特殊なゴムを使う事で、根管内に唾液や唾液に含まれる細菌などを除外する事でこれも治療の成功率UPに繋がります。現在も保険治療、自費治療問わず、マイクロスコープ、ラバーダム防湿、CTを駆使する事で患者さんの根管治療の成功率を上げ、再発を防止できる様に取り組んでおります。

お休みの日は何をしていますか?

最近はゴルフ、野球、旅行、子育てがメインです。その中でも子供といる時間を大切にしており、家族サービスを頑張っています。

最後に患者様へメッセージをお願いします。

当院では、マイクロスコープCTといった最新機器を取り揃えて、1人でも多くの患者様に自分の歯を見て、知ってもらい、分かってもらえるように治療に進めております。前の歯科医院さんでは見せてもらえなかったものや教えてもらえなかった事を出来る限り噛み砕いてご説明しております。また、入れ歯や矯正、歯科麻酔を専門とした先生も勤務しておりますので、専門的な治療が出来るのも一つの強みです。メインテナンスに関しては従来のクリーニングと合わせお口の中の菌の状態を見るための検査も行っています。お掃除だけでは良くなっているのか分からない部分がありますので、見える形でひとりひとりに合わせたメインテナンスを行わせて頂いております。診療室は全室個室になっており、プライバシーの保護を守るとともに、小さなお子様をお連れの親御様に配慮し、ベビーカーも診療室まで入れる設計になっております。(小さなお子様が泣いても個室ですので問題ありません) お口の中で困っている事がございましたらお気軽にご相談ください。とはみんなが笑顔になれるように頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

新着記事